一つの抽選機の中で2パターンの抽選ができる抽選機です。

待ち受け画面からコマンドAで抽選タイプAへ、コマンドBで抽選タイプBの抽選がスタートします。

本数を管理する設定画面や抽選内部の記録を残すログデータも2パターンに分かれており、管理しやすい仕様となっています。

更には、設定画面上部にある緑と青のボタンで、出玉本数の記録&呼び出しができるようになっているので、毎日同じ出玉の設定の場合は、毎回入力しなくてもボタン一つで本数の設定が行える便利機能も搭載しております。