待ち受け画面で抽選回数を入力後ストップボタンでリールを止めます。スタートボタンを廃し一回あたりの消化時間を短縮しています。すべてはずれの場合は結果画面2を表示、それ以外は結果画面1で各等賞の本数を表示します。

case6