抽選方法


お客様1人対して1回の抽選でなるべく消化時間を早くしたい場合などに適しています。さらに消化時間を早めたい場合は、ストップボタンを無くして自動的にリールが止まるようにすることも可能です。待ち受け画面やスロットリール画像は、データを入稿頂きオリジナルの画像にカスタマイズ可能です。

sample1

待ち受け画面をお客様がタッチするとスロットが回転する画面に変わります。
STOPボタンを押すと左から順にリールが止まります。
すべてのリールが止まると等賞が確定し、結果表示画面へ移動します。
(1回の消化時間目安約15秒) 

sample2

ストップボタンを3つ配置してそれぞれのリールをストップさせるようにもできますが、絵柄を狙ってストップボタンを押すお客様が増えるため、ゲーム性は上がりますが消化時間はかなり長くなります。
(1回の消化時間目安約30秒)

sample3

スーパー、ショッピングセンターさんなどでお買い上げ金額に応じて抽選を行う場合(2,000円で1回抽選など)上記のように最初にスタッフが回数を入力して、回数分抽選を行った後に結果をまとめて表示させることもできます。また、抽選回数が多い場合などを考慮して抽選スキップ機能をつけることも可能です。